一条ゆかり『アミ…男ともだち』 1973年 集英社

 一条ゆかりの古い作品を読みたくなってウィキペディアを見ていたら、『アミ…男ともだち』という作品の項目に、

萩尾望都の『雪の子』(1971年)や『11月のギムナジウム』(1971年)との類似性を指摘され、現在ではあまり語られない傾向にある。

アミ…男ともだち - Wikipedia

という記述があって興味がわいたので読んでみた。『ハートに火をつけて』というコミックスに収められていて、Kindleではそのまま復刻されている。

 外国の寄宿学校が舞台になっているところが『11月のギムナジウム』と共通しているのと、人が死ぬという点では『雪の子』とも『11月のギムナジウム』とも同じだが、類似性が指摘されるほど類似しているとは思わない。

 『アミ…男ともだち』には、『雪の子』の重要なテーマである性の問題も、『11月のギムナジウム』のもっとも重要な要素のはずの双子も出てこない。この作品でもっとも重要な要素は、自分の死を誰かに刻み付けようとすることで、類似性が指摘されるべきなのは『トーマの心臓』(1974年)だろう。

 一条ゆかり萩尾望都の『11月のギムナジウム』に影響を受けて『アミ…男ともだち』を描いて、萩尾望都一条ゆかりの『アミ…男ともだち』に影響を受けて『トーマの心臓』を描いたのではないだろうか。言うまでもなく、『トーマの心臓』は『11月のギムナジウム』を原型としている。萩尾はそこに『ギムナジウム』の影響を受けた『アミ…』の要素も取り込んで、『トーマの心臓』という究極の作品に結実させたのではないだろうか。それともほかに原型があるのだろうか。

 『アミ…男ともだち』と『トーマの心臓』を比べて、精神的レイプを受けるのは誰なのか、誰が誰に死を刻み付けようとするのかを考えると、『トーマの心臓』の重厚さが浮かび上がってくるような気がした。

 

 念のため書いておくけど、パクリだのなんだのと言うつもりは毛頭ない。類似性があるということと、悪質な模倣であるか否かはまったく別のことだ。他人のアイデアを利用してまったく別の作品を描くことを悪質な行為だと見なす人もいるようだが、自分はまったくそうは思わない。

 

yotsuba.saiin.net

www.tinami.com

オペラ

 クラシックについては詳しくないので、オペラで有名なのってどんなのがあったっけ?ってなったときはこの記事が役に立つ。

 音楽評論家などの専門家を中心とした選者によって選ばれているだけあって納得のラインナップだ。

 一つだけ注意しておいた方がいいのは、ビゼーにはカルメンのほかに代表作と呼べるようなオペラがないため票が集中したかもしれないという点だ。

 

 上記の記事には10作しか挙げられてなくてちょっと物足りないような気もするので、あと10作くらい挙げるならどんな作品が挙げられるか考えてみたい。

 そもそも上記の記事は、選者に「おすすめの曲目」を挙げてもらって集計したとのことで、例えば初心者がいきなりワーグナーの指環をおすすめされても困るわけで、ワーグナーが入ってないのはそういう配慮があってのことかもしれない。

 自分は何となく有名な曲、取りあえず(曲名だけでも)頭に入れておきたい曲というふわっとした基準で選ぶ。順位は付けない。

 

モーツァルト 1756墺
上記の記事ではフィガロの結婚魔笛ドン・ジョヴァンニが挙げられている。もう1作挙げるならコジ・ファン・トゥッテだろうか。

ベートーヴェン 1770独
フィデリオが唯一の完成したオペラ。

ロッシーニ 1792伊
上記の記事で挙げられているセビリアの理髪師だけでいいだろう。序曲だけがやたらと有名なアレとかあるけどね。

ドニゼッティ 1797伊
愛の媚薬を挙げておく。突出した代表作というわけではないみたいだけど。

ワーグナー 1813独
まずニーベルングの指環が挙がるのは当然として、もう1作挙げるならトリスタンとイゾルデでいいのかな?

ヴェルディ 1813伊
椿姫に次いで挙げるのはアイーダリゴレットの2作でいいのではないだろうか。

オッフェンバック 1819独
ホフマン物語を挙げておく。

ヨハン・シュトラウス2世 1825墺
こうもりを挙げておきたい。

ビゼー 1838仏
カルメン以外のオペラもちょいちょい名前を聞くような気もするけど。

プッチーニ 1858伊
上記の記事には、ラ・ボエーム、トスカ、蝶々夫人トゥーランドットが挙げられている。付け加える必要はないかな。

 

 上記の記事に挙げられている10作を含めて19作になった。これ以上増やそうとするとあれを挙げるならこれもってなりそうなのでここまでにして置く。

 入れようか迷った曲をメモしておくと、グノー(1818仏)のファウスト、ロメオとジュリエット、リヒャルト・シュトラウス(1864独)のサロメばらの騎士チャイコフスキー(1840露)のエフゲニー・オネーギンあたり。

 ほかにも上に挙げた作曲家で、ヴェルディナブッコファルスタッフワーグナーローエングリンニュルンベルクのマイスタージンガーパルジファルなどもあって、最初に20作程度と決めておいたのできりを付けるしかない。

 

クラシック系

 サブスクリプションで聴いてみたいクラシック系の音楽をまとめておく。ライブラリーに追加しても参照しづらいし、プレイリストに曲目をズラーっと並べてもあまり意味がないのでここで分類してまとめておきたい。

 いくつか興味のあるテーマを挙げてそれに該当するものを追加していきたい。安さに負けてAmazon Music Unlimitedを年額で使ってるのでAmazonのリンクで。

 埋め込みにしたのは失敗だったかな。かと言ってテキストリンクだけでも味気ないけど。とりあえず100枚くらいまではいいか。見付からなかったものもメモしておけばよかったかな。

古楽器オーケストラ
Handel: Messiah

Handel: Messiah

 
Handel: Messiah

Handel: Messiah

 
Hogwood conducts Handel Oratorios

Hogwood conducts Handel Oratorios

 
Handel: Messiah (extracts)

Handel: Messiah (extracts)

 
Bach: Harpsichord Concertos - Triple Concerto

Bach: Harpsichord Concertos - Triple Concerto

 
弦楽四重奏曲
Shostakovich: Complete Quartets

Shostakovich: Complete Quartets

 
Bartók: The String Quartets

Bartók: The String Quartets

 
Beethoven: String Quartet No. 1 in F & No. 9 in C

Beethoven: String Quartet No. 1 in F & No. 9 in C "Rasumovsky"

 
Beethoven: String Quartet

Beethoven: String Quartet

 
Beethoven: The Great String Quartets

Beethoven: The Great String Quartets

 
Beethoven: Complete String Quartets

Beethoven: Complete String Quartets

 
国民楽派
Smetana String Quartets 1, 2 / Josef Suk: Wenceslas Chorale / Janá_ek: String Quartet No.1

Smetana String Quartets 1, 2 / Josef Suk: Wenceslas Chorale / Janá_ek: String Quartet No.1 "Kreutzer Sonata"

 
Janacek & Schulhoff: String Quartets

Janacek & Schulhoff: String Quartets

 
Smetana: Ma Vlast (My Country) (Talich) (1954)

Smetana: Ma Vlast (My Country) (Talich) (1954)

 
協奏曲
Mozart: Piano Concertos

Mozart: Piano Concertos

 
Beethoven: Piano Concertos Nos. 5 & 2: Classic Library Series

Beethoven: Piano Concertos Nos. 5 & 2: Classic Library Series

 
Beethoven: The Piano Concertos

Beethoven: The Piano Concertos

 
Beethoven: Violin Concerto; Romance No. 2

Beethoven: Violin Concerto; Romance No. 2

 
Beethoven / Mozart: Violin Concertos (Szigeti) (1932, 1934)

Beethoven / Mozart: Violin Concertos (Szigeti) (1932, 1934)

 
交響曲
Haydn: Symphonies No. 88, 94 & 104

Haydn: Symphonies No. 88, 94 & 104

  • アーティスト: Wiener Philarmoniker, Wilhelm Furtwängler Franz Joseph Haydn
  • 出版社/メーカー: Archipel - Walhall
  • 発売日: 2012/07/09
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
Haydn:

Haydn: "The Miracle" Symphony No. 96 in D Major, Hob. 1:96 - Symphony No. 102 in B-Flat Major, Hob. 1:102

 
Mozart: Sym. 40/Tchaikovsky: Sym. 5

Mozart: Sym. 40/Tchaikovsky: Sym. 5

 
Wilhelm Furtwängler: Mozart Symphony No.20, Piano Concerto No.20, Serenades No.10/13

Wilhelm Furtwängler: Mozart Symphony No.20, Piano Concerto No.20, Serenades No.10/13

  • アーティスト: Wilhelm Furtwängler/Wilma Lipp/Yvonne Lefébure/Wiener Philharmoniker/Berliner Philharmoniker
  • 出版社/メーカー: Warner Classics
  • 発売日: 2006/05/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
Mozart: Symphonies Nos. 35

Mozart: Symphonies Nos. 35 "Haffner" & 40 (Mono Version)

 
Mozart: Symphonies Nos. 38

Mozart: Symphonies Nos. 38 "Prague" & 39 (Mono Version)

 
Mozart: Symphonies Nos. 39 & 41 (Mono Version)

Mozart: Symphonies Nos. 39 & 41 (Mono Version)

 
歌曲
Schubert: The Song Cycles - Die schöne Müllerin, Winterreise & Schwanengesang

Schubert: The Song Cycles - Die schöne Müllerin, Winterreise & Schwanengesang

 
Schumann, R.: Lieder - Opp. 35, 39, 98A, 135

Schumann, R.: Lieder - Opp. 35, 39, 98A, 135

 
ピアノ曲
Lili Kraus Plays Mozart Piano Sonatas

Lili Kraus Plays Mozart Piano Sonatas

 
Mozart: The Piano Sonatas

Mozart: The Piano Sonatas

 
Beethoven: The Piano Sonatas

Beethoven: The Piano Sonatas

 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集

  
Chopin: Ballades Nos. 1-4 / Nocturnes (Cortot, 78 Rpm Recordings, Vol. 5) (1929-1951)

Chopin: Ballades Nos. 1-4 / Nocturnes (Cortot, 78 Rpm Recordings, Vol. 5) (1929-1951)

 
Chopin: The Nocturnes

Chopin: The Nocturnes

 
器楽ソナタ
合唱曲・宗教曲
Fauré : Requiem

Fauré : Requiem

 
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス

ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス

 
Beethoven: Missa Solemnis, Op. 123 - Cherubini: Requiem Mass No. 1 in C Minor

Beethoven: Missa Solemnis, Op. 123 - Cherubini: Requiem Mass No. 1 in C Minor

 
Beethoven: Missa Solemnis

Beethoven: Missa Solemnis

 
オペラ
Wagner: Der Ring des Nibelungen

Wagner: Der Ring des Nibelungen

 
Jacques Offenbach: The Tales of Hoffmann

Jacques Offenbach: The Tales of Hoffmann

 
Bizet: Carmen, WD 31 (Remastered)

Bizet: Carmen, WD 31 (Remastered)

 
Berg: Wozzeck

Berg: Wozzeck

  • アーティスト: Leipzig Radio Symphony Orchestra & Herbert Kegel
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
Berg: Wozzeck (1951)

Berg: Wozzeck (1951)

 
Verdi - La Traviata

Verdi - La Traviata

 
Verdi: La Traviata

Verdi: La Traviata

 
Puccini, G.: Boheme (La) (Callas, Di Stefano, La Scala, Votto) (1956)

Puccini, G.: Boheme (La) (Callas, Di Stefano, La Scala, Votto) (1956)

 
Schoenberg: Moses und Aron

Schoenberg: Moses und Aron

 
その他
Wagner: Orchestral Favourites

Wagner: Orchestral Favourites

 
武満徹:管弦楽曲集

武満徹:管弦楽曲集

 
リムスキー=コルサコフ:シェエラザード 他
 
ロッシーニ:序曲集

ロッシーニ:序曲集

 

 

クラシック名曲案内ベスト151 講談社文庫

 『クラシック名曲案内ベスト151』という本の電子版を買った。著者の柴田南雄は作曲家。

 まえがきによると、N響の公演で配布されるプログラムに載せられたもので、NHK職員の前和男(まえかずお)を聞き手としたインタビュー形式になっている。

 N響公演用であることによる特徴がいくつかある。

 まず、この手の本にありがちなこの曲はこの指揮者のこのオケで聴けみたいな内容にはなっていない。ただし最後に各曲につき一枚だけ盤が紹介されている。パンフレットに載せられたのは1966~69年と1973年とのことだけど、それより新しい録音が挙げられているので、これは書籍化に際して加えられたものだろう。

 N響公演で演奏される曲目について語られたものなので、もちろんオーケストラで演奏されるものばかりで、交響曲、協奏曲以外にはオペラの序曲や宗教曲などが挙げられている。

 名曲を網羅的に紹介しようという内容ではないので、例えばベートーヴェン交響曲第9番が載ってなかったり、逆にこの手の本ではあまり見かけないJ.C.バッハシンフォニアが載っていたりする。網羅的なものを求めている人にはお薦めできない。

 

  クラシック系の音楽を聴くときはとくに知っておきたいことが多い。サブスクリプションで聴くときは必要な情報がほぼないので、CDの販売サイトを参照するしかない。HMVは詳細な情報が書いてあることが多いので助かる。こういう使い方をするのは申し訳ない気もするけど。

 聴いてみたい音源のサブスクリプションHMVへのリンクをまとめておきたい。少しずつ加えていく予定。

 興味があるものを片っ端からまとめたい気もするけど、それをやるときりがないので、CDだとボックスセットになっているようなもの、特に情報が必要そうなものだけをまとめることにした。

 と思ったけど意外とリストアップするものがない。とりあえずHMVほしい物リストを見ながら気になるものをまとめておく。

 Amazonはmusic.amazon.co.jpへのリンク。

 いい具合に音源と情報をリンクさせたまとめができるかと思ったけど上手く行かなかった。

Amazon Spotify

 

Amazon

 

Amazon

 

Amazon Amazon

 

 

Amazon

Amazon

 

Amazon

 

Amazon

 

NHK-FM『世界の快適音楽セレクション』 2019.02.16 “室内楽の音楽” Playlist on Spotify

 今日放送された世界の快適音楽セレクションでかかった曲のプレイリストを作った。何曲か見付からなかったのと、見付かってプレイリストに加えたけど再生できない曲がある。

open.spotify.com

 

 Spotifyで見付からなかった曲と見付かったけど再生できない曲。 

Part III

Part III

Ballaké Sissoko & Vincent Ségal - "Chamber Music" by Six Degrees Records | Free Listening on SoundCloud

ml.naxos.jp

 Giampiero BoneschiのBlusterという曲はSound Designというアルバムに収められているらしくて、Spotifyで見付かったけど再生はできなかった。検索でAmazon.comが引っ掛かるけど開くとPage Not Foundと表示される。

 

www2.nhk.or.jp

 

ジェイムズ・カー

 ジェイムズ・カーは(主に)60年代に活躍したサザンソウル、ディープソウルシンガーで、特に日本のソウルファンの間で人気が高いとされていて、オーティス・レディングとジェイムズ・カーのどちらが好きかという問いがなされるほどだったらしい。

 そもそもオーティスがそれほどの存在かと疑問に思わなくもないけど、オーティスよりもカーを選ぶ方がコアなソウルファンであるというニュアンスがその問いに込められているのかもしれなくて、仮にそうなら逆にオーティスとカーにそれほどの差があるかと問いたくなる。

 オーティス・レディングの曲のうちもっともヒットしたのはThe Dock of the Bayである。このことは客観的事実として変えようがないが、オーティスといえばDock of the Bayという構図に忸怩たる思いをしているオーティスファンも少なくないのではないだろうか。

 Dock of the Bayはオーティスが飛行機事故によって悲劇的な死を遂げた後にヒットし、オーティス最大のヒットとなった。オーティス自身の死という話題性によってヒットしたのかどうかはわからないが、この曲ではオーティスの従来のソウルシンガーとしての凄味が発揮されているようには思えない。曲としての出来もシンガーとしての魅力もDock of the Bayを上回るものを何曲も挙げられる。

 オーティス・レディングといえばDock of the Bayとされることに不満があるのと同様に、ジェイムズ・カーといえばThe Dark End of the Streetとされることにも大いに不満がある。しかもカーの場合はオーティスほどの知名度がないので、例えばラジオでDark End of the Street以外の曲がかかることはまずない。今朝の世界の快適音楽セレクションでかかっていて、ちょっと残念な気分になった。カーの曲をかけてくれること自体がありがたいことではあるのだけど。

 そこでジェイムズ・カーの曲で個人的に好きなものを4曲挙げたい。まずアップテンポな曲としてStronger Than Love。バラードはForgetting YouとLet's Face Facts(この曲のタイトルはI Gotta GoとかI've Gotta Goとされていることもある)が甲乙つけがたい。ブルージーな曲としてPouring Water on a Drowning Manを挙げておきたい。いずれもソウルとしての熱さはDark End of the Streetを上回っていると思う。

 ジェイムズ・カーの歌は上手くて安定感があるけど、その安定感がつまらなさにつながっている面もあるように思う。逆にオーティス・レディングは不安定感が良い方向に出ることがある(悪い方向に出ることもある)。カーの安定感が良い方向に出るのはバラードなどのスローテンポの曲かもしれない。

open.spotify.com

open.spotify.com